投稿日:

猫島と瀬戸芸で有名な香川県の『男木島』でネコとアートに触れてきた!~猫にまたたび編~

スポンサーリンク
Pocket

みなさまこんにちは陳腐男です!

さぬきうどん食べてますか!?

前回は僕の隠れた趣味である

このために男木島へとフェリーで

40分かけてやってきましたね🎵

動物が好きで動物園も行くのですが

普通に猫が好き

今回猫島に行くにあたってあらかじめ

準備計画をしてきました(●´ω`●)

前回の記事はこちら

猫島と瀬戸芸で有名な香川県の『男木島』でネコとアートに触れてきた!~行き方、準備編~

スポンサーリンク

猫じゃらし

またたび

猫と触れ合うためのアイテムを

100均で購入しておきました🎵

本来はエサを買っておきたい所ですが

エサやり禁止

男木島では猫に餌をやることを

禁止しているんです(;´Д`)

住民の方は糞尿被害や増え過ぎる猫に

少し困っているんでしょうかね・・・

残念ながらルールで決まっているので

餌は泣く泣く家に置いてきました!

またたびはギリギリOKかどうか

現地で判断しようと思ってます(^^)/

他にも飲み物やウェットシートや

もろもろバッグに入れてきました🎵

猫と触れ合うために両手が空く

リュックや肩掛けバッグがいいですね🎵

男木島は全国的にも有名な猫島で

瀬戸内国際芸術祭の会場でもあります!

動物写真家の岩合光昭さんもNHKBSテレビ

岩合光昭の世界ネコ歩きで訪れたことも☆

ちょうど3月29日からは倉敷天満屋で

岩合光昭写真展『ネコライオン』が

5階催場で開催されます(●´ω`●)

ネコは小さなライオンだ。

ライオンは大きなネコだ。

招待券もらったから行ってこよう🎵

実際に行ってきた記事はこちら

岩合光昭写真展『ネコライオン』in倉敷天満屋に行ってきた!

男木島の魂

いや、そういうアート作品です(;’∀’)

現代アートって難しいけどこれはいいね★

ここは売店、チケット売場とトイレがあって

飲食店情報やパンフレットや地図もあるので

フェリーから降りたら最初に寄りましょう🎵

男木島へのアクセスやフェリー乗り場や

時刻表、運賃は前回を見て下さいね!

少しだけお土産が売ってました!

ガーリックラスクに手ぬぐい等

奥には缶ビールが

島のお姉さんのえがお飴

男木島限定の飴だそうです(#^.^#)

ポストカードにストラップ

手荷物預かりもやってますね(*´ω`)

缶バッチ

猫のバッチもありました(*’▽’)

自動販売機

思ってたよりも各地に自販機が

ちょこちょことありましたので

忘れた場合でも少し安心出来ますね!

補充の頻度が少し心配ではあるので

やはりあらかじめ買っておこ(。-`ω-)

ようこそ男木島へ

男木島の全貌がこれでわかりますが

あらかじめ猫スポットを調べており

スポンサーリンク

豊玉姫神社

男木漁港

この2カ所を中心に回る予定です(^^♪

他にはアート作品やもう一つの加茂神社

このあたりも楽しんでいきたいですね~

まずはフェリー乗り場から見渡してみると

第一村人ならぬ第一猫

猫おったーーーー!!

めちゃめちゃカワイイ~(*´Д`)

キュンキュンでハフーン!!

でも猫じゃらしには見向きもしないで

そこまで懐いてはいませんでしたね(;´∀`)

まあそんなところも好きなんだけどね~

耳が切れて(欠けて)いるのはおそらく

去勢手術のサインだろうか??

場所はさっきの自販機の右奥に見える

神社の鳥居の奥あたりにいました★

本当に猫がちゃんといたよ~🎵

他の人のブログだと全然いなかったなんて

情報もたまに見るので不安でしたが・・・

僕が2時間滞在して結論から言いますと

めちゃめちゃ猫いたよ!

第二猫発見

猫じゃらしを振り回していると

また奥からひょっこり出てきた★

なかなかの目つきでにらんできます!

そんな目つきしてもわかってるぜ!

これで遊びたいんだろう?

少し重い足取りでのそのそと

僕のほうに近づいてきましたよ(*´Д`)

かわゆすぎるやないか!!

猫じゃらしをフリフリすると・・・

猫パンチ

するどい左フックが飛んできた!!

けっこう本気パンチだったので

引っかかれたりしたら流血だな・・・

しかし猫じゃらしの威力はなかなかで

この猫には相性抜群のアイテムでした🎵

こいつだけで1時間過ごせる

またまた猫いたー(*´Д`)

三毛猫風の容姿でしたね☆彡

三匹とも同じ場所から出てきました🎵

スポットというわけではないですが

猫たちにとって興味のあるものが来れば

姿を隠せるようなところから出てきますね~

と思っていたら猛ダッシュで

猫じゃらしを持っている僕を通りすぎ

餌にがっつく

どうやら住民の方が餌をあげたようで

そのエサに走って行ったみたいです(;’∀’)

観光客はエサやりが禁止なのですが

住民の方はOKなのでしょうね~

この餌をもらっていきたいところでしたが

そこは大人なのでグッと我慢(; ・`д・´)

この住民の方に挨拶をして聞いてみた!

陳腐「エサやりは禁止なんですか?」

住民「やっぱ食べるとフンとかすごいし

それを片づけるのは僕らだからね~

餌はあげてもフン掃除までしないでしょ?」

陳腐「確かに・・・またたびはいいですか??」

住民「またたびって何だい??餌か??」

陳腐「エサではなくて何てゆーか粉?

匂いのする植物の粉で猫が好きなんです」

住民「食べもんやエサじゃないからええよ」

まあ住民の方の理解も得られたので

猫じゃらしに少量のマタタビを振って

試しにじゃらしてみることに(`・ω・´)

もう離しはしない

Pocket

スポンサーリンク 合わせて読みたい スポンサーリンク